桔梗商店ブログ

京都・三条御幸町のバッグと革小物のお店です。

カラーオーダーメイドのできる革小物シリーズ紹介

こんにちわ。

9月最後の週末、、ですがあいにくの雨模様ですね。

というか明日の台風24号の今後の進路が心配であります。。

9月は何というか台風に始まり台風に終わる、、そんな月間になりそうですね。

台風21号の時は臨時休業になったり、直接的な被害はなかったものの、近隣の住宅の屋根が飛ばされていたり、お店の隣のビルの屋根に仮設足場の鉄骨が突き刺さっていたりと、今までになく強烈な台風でした。

明日の台風24号も大きな被害にならないように願うばかりです。

 

 

カラーオーダーメイドのできる革小物シリーズ紹介

 

f:id:casualbag:20180908115944j:plain

 

台風が近づいてはいますが今日もお店は営業しております。

当店で人気のカラーオーダーメイドのできる革小物シリーズの紹介をさせて頂きます。

秋が近づくにつれてご注文頂く数が増えてまいりました。 

 

 

ロルバーンカバー Lサイズ バタフライストッパー

f:id:casualbag:20180928192912j:plain

ロルバーンカバー Lサイズ バタフライストッパー

Leather:ブラック

Stitch:白

 

バタフライストッパーの方が通常タイプと比べて、ペンホルダーが緩衝しない分若干フット感が増します。

それでも、横幅がペンホルダーの分長くなるので、どちらがおススメかと言われるとお好みになります。

 

f:id:casualbag:20180928193041j:plain

f:id:casualbag:20180928193053j:plain

f:id:casualbag:20180928193106j:plain

f:id:casualbag:20180928193115j:plain

 

ロルバーンカバー XLサイズ バタフライストッパー

f:id:casualbag:20180928193246j:plain

ロルバーンカバー XLサイズ バタフライストッパー

Leather:チョコ・レッド・ピンク

Stitch:赤

 

XLサイズは価格が20,000円(税抜)ということもあって年間で5冊程度のご注文数なのですが、この大きさの革カバーなので存在感がスゴイです。

 

f:id:casualbag:20180928193340j:plain

f:id:casualbag:20180928193351j:plain

f:id:casualbag:20180928193403j:plain

 

ロルバーンカバー Lサイズ

f:id:casualbag:20180928193524j:plain

ロルバーンカバー Lサイズ

Leather:ブラック・ブルー

Stitch:黒

 

 

f:id:casualbag:20180928193607j:plain

f:id:casualbag:20180928193617j:plain

f:id:casualbag:20180928193628j:plain

 

今回は3点ともロルバーンカバーのカラーパターンの紹介となりました。

手帳が出始める時期にご注文数が増える商品なので、10月はじまりの手帳が出回る時期は特にオーダーが多くなります。

 

ロルバーンカバーに関しましてはコチラ↓の記事で詳しく解説しておりますのでよろしければ参考にしてみてください。

 

kikyoshop.hatenablog.jp

 

革小物カラーオーダーメイドで使用されている革[ブッテーロ]について

 

さて、今回はカラーオーダーメイドシリーズで使用されている革について。

カラーオーダーメイドで使用されている革は[ブッテーロ]という牛革です。

 

[ブッテーロ]とは革の品名(ブランド名)です。

ステアという成牛のショルダー部分の硬い部分を使用しています。一頭の牛から肩の部分の革はそれほど取れませんので、貴重な革となります。

製造元はイタリアのトスカーナ地方にあるワルピエ社。

天然素材(植物性タンニン)で鞣された、所謂高級革と呼ばれています。

 

当店では商品説明をする際に[ブッテーロ]という名前はもちろん使用しますが、分かりやすく[イタリア牛革]という呼び方をする場合もあります。

肩の部分の革、そして余計な加工(色の上塗り)は行わず天然素材のみ加工された革なので革本来の表情や素材感(経年変化が素晴らしい革です)を愉しむことができますが、革表面にシワや傷、血筋などがそのまま残っており染色された際もその部分が色濃く表現されています。

これを革の[薄化粧][厚化粧]という呼び方をする場合がありますが、こういう表現があると知ったときに、なるほど革の加工・染色とお化粧って繋がる部分が多いな、、と思いました。

ちなみに革のメンテナンスの部分もお化粧と繋がる部分が多いです、また別の機会に。。

 

とても革らしい革なので、革本来のアジを愉しむことができるかそうでないかは好みが分かれるところではありますが、彼是10年近くコチラの革を使用しています。

なにより革職人(atelier gungnir)とスタイルや製作にあたっての相性がとても良い革らしいので、それがひとつひとつの商品に色濃く反映されています。

そしてこの革の特徴として非常にカラーバリエーションが豊富なので、お客様がカラー選ぶ楽しみ、という点でもとても人気になっています。

 

ブッテーロについて要約すると↓このような感じになります。

  • ブッテーロはイタリアで製造された牛革です。
  • 牛の肩(ステア)の部分を使用した、固くしっかりした革です。
  • 植物性タンニンで加工されて天然素材で染色されています(薄化粧)
  • なので使用するにつれて色や手触りなど革の経年変化を愉しめます。
  • 薄化粧であるが故に牛革本来の傷・シワ・血筋は隠していません。
  • ブッテーロだけでなくすべての牛革に言えると思いますが時期・ロットによって染色の風合いは若干変わります。
  • 厚い革と薄い革とで同じ色でも若干色の風合いが変わりますがこの色の風合いの違いは使うにつれて徐々に馴染んできます。

 

ブッテーロは革製品・バッグなどに広く使われている革で、大型量販店などで見かける機会は多いと思います。

牛革ひとつ取っても本当に多種多様でありますが、そのどれも実際に使うヒトとの相性が良し悪しの大部分を占めると思っています。

ブッテーロってどんな革?を説明するにあたっては大体こんな革、というイメージをして頂きつつも、実際にその革(の商品)を手に取ってみるのが一番参考になるんじゃないかと思いますので、是非一度お近くの百貨店や大型量販店で一度手に取ってみてみるのをおススメします。

もちろん当店でも常時取り扱っておりますのでお近くにお越しの際は是非お立ち寄りください。

 

f:id:casualbag:20180929123528j:plain

 

k-kyo.ocnk.net