桔梗商店ブログ

京都・三条御幸町のバッグと革小物のお店です。

ロルバーンカバー:ダイアリータイプとノートタイプの両用について

f:id:casualbag:20190212165215g:plain

年度代わりが近づいてきて、カラーオーダーメイドのできるロルバーンカバーのご注文が増えてきました。

今回はロルバーンカバーのオーダーでよく頂くご質問を紹介したいと思います。

 

ロルバーンカバーの[ダイアリータイプ][ノートタイプ]の両用は可能かどうか

 

ロルバーンカバーは通常[ダイアリータイプ]と[ノートタイプ]からお選び頂くことができます。

 

[ダイアリータイプ]は、ノート(方眼紙)+ポケット+マンスリーが付いたもの。

[ノートタイプ]は、ポケット付きメモと呼ばれ、ノート(方眼紙)+ポケットのタイプ。

 

ダイアリータイプとノートタイプとではページ数による厚みの違い(約2mm程度)とリングの大きさが若干異なりますので、それぞれに合わせた型紙を用意しております。

 

それでは[ダイアリータイプ]と[ノートタイプ]をひとつのカバーで両用することは可能なのか、と申しますと→→可能です。

 

正確に言えば、[ダイアリータイプ]のカバーでダイアリーとノートの両用をおすすめしています。

それぞれのサイズの違いが若干程度でしっかりとした革を使用しているので、ダイアリーのカバーにノートを差し込んでも違和感の感じないフィット感になっています。

 

逆に[ノートタイプ]のカバーにダイアリーを差し込むと、折りたたむ部分に若干のハリが生じますので、ダイアリーとノートの両用をお考えの方はダイアリーカバーのご注文をおススメしております。

 

スリムサイズとXLサイズは注釈が付きます。

ただし、ロルバーンスリムサイズとXLサイズに関してはこの限りではございませんのでご注意ください。

 

◆スリムサイズ

タテヨコのサイズの関係で、スリムサイズに関しては[ダイアリー][ノート]の違いがあまり出にくいのでダイアリー・ノート共通サイズとしてご注文をお受けしております。

 

◆XLサイズ

XLサイズに関しましては、そもそも手帳の段階でダイアリーとノート(ポケット付きメモ)の規格(サイズ)が異なっておりますので、両用はできません。

これはXLサイズを製作する際に初めて気が付きましたが、ノート(ポケット付きメモ)の方がダイアリーよりも横幅が少し長かったのです^^;

 

以上

ロルバーンのダイアリータイプとノート(ポケット付きメモ)タイプの両用に関してでした。

ロルバーンサイズとしてはやはりLサイズがダントツでご注文数が多いですね。

Lサイズ以降だと、A5サイズ→スリムサイズ→XLサイズ=Mサイズの順です。

 

ロルバーン愛用者が多い事と、毎年の手帳代わりの際にもカバーはそのままお使い頂けるので、特にオンラインからのご注文が多い商品となっています。

 

k-kyo.ocnk.net

k-kyo.ocnk.net

k-kyo.ocnk.net