桔梗商店ブログ

京都・三条御幸町のバッグと革小物のお店です。

新書サイズ以上の規格のブックカバーに関しまして

f:id:casualbag:20190513171723j:plain

カラーオーダーメイドのできるブックカバー

価格:7,020円~

 

k-kyo.ocnk.net

 

昨日も紹介させて頂きました、カラーオーダーメイドのできるブックカバー。

現在書籍の規格として文庫本サイズ・新書サイズの2サイズでオーダーを受け付けていますが、先日お問い合わせを頂いたのを機に、それ以上のサイズについてリサーチ・検討をしてみました。

 

■ブックカバーの四六版・A5版サイズに関しまして

f:id:casualbag:20190514151605j:plain

大まかに調べるとこれだけのサイズがあります。

この中で[文庫本][新書判]サイズはオーダーを受付しています。

 

B5判・A4判に関しましてはサイズが大きすぎて価格との兼ね合いが取れないのと、革を充分に取ることができないので、オーダー不可です。

B6判はコミックサイズですね。あまり需要がなさそうなので今回は省きました。

残るは四六判とA5判ですが、これは書店でも一般的に見かけるサイズです。

四六判は主に小説や文芸書など、A5判は学術書や教科書に多く見られるサイズですね。

 

サイズだけを見ればオーダーは可能です。

四六判で文庫本サイズ+3,240円(オーダー価格:10,260円)

A5判で文庫本サイズ+5,400円(オーダー価格:12,420円)

上記サイズ変更のオプション追加料金で製作することができます。

 

ただし、四六判とA5判に関して実際にサンプルの書籍を購入して調べてみると、同じ四六判A5判でも装丁の違いによるサイズ差異があったり、A5判の本は横書きのものが多く[左開き]になっていたり、と色々と制約があることが分かりました。

 

■ソフトカバー・ハードカバー。装丁によってサイズが大きく異なる点

f:id:casualbag:20190514152409j:plain

 

四六判・A5判のブックカバーの製作にあたっての大きな制約は[装丁]の違いですね。

特に四六判に多く見られるのですが、同じサイズの本でもソフトカバーとハードカバーのものがあり、それぞれのサイズが大きく違うことです。

 

ハードカバーは表紙・裏表紙が厚く取られていて、ハードカバーはソフトカバーよりタテ幅が6mm長いです。更に表紙・裏表紙の厚みが3mmほどあって、これをブックカバーにしたときに、ソフトカバーとハードカバーのブックカバーとでは約1cm程度タテ幅が違ってきます。

 

・ソフトカバーのブックカバーにはハードカバーの書籍が挿入できない。

・ハードカバーのブックカバーにソフトカバーの書籍は挿入できるがガバガバになる。

 

ソフトカバー・ハードカバー両方の本に対応したブックカバーを作ることは装丁面で難しく、オーダーを検討される際は事前にどちらか専用のブックカバーと決めてオーダーして頂かなくてはいけないかな、と思います。

 

■A5判の本は基本横書きなのでブックカバーは[左開き]対応になる。

 

f:id:casualbag:20190514153135j:plain

普段そこまで気にして本を読んだことがなかったので、ブックカバーを製作する視点で本を見ているとA5判の本は[横書き]のものがほとんどです。

横書きということは、文庫本や新書など[縦書き]のものとは違い本自体が[左開き]になります。そのため、ブックカバーも[左開き]対応のものになります。

 

f:id:casualbag:20190514153402j:plain

ブックカバー(内面)の図面で見ると↑のようなデザインになります。

 

f:id:casualbag:20190513172222j:plain

通常オーダーを受けている文庫本サイズ・新書サイズは↑のデザインなので、正反対になります。

 

まれにA5判の本でも[縦書き]のものがあり、それは[右開き]になるので、今回提示した[左開き]のブックカバーに収まるものの、ロゴ・しおりなどがすべて逆になってしまいます。

 

A5判サイズのブックカバーは縦書きのものには基本対応していないとご理解頂いた上でご検討頂いた方が良いかもしれません。

 

上記の点を踏まえた上で、お問い合わせ対応期間中に限り、オンラインショップの商品ページにその旨を記載し、四六判・A5判のサイズもオーダー可能にしております。

 

一応掲載している期間はお問い合わせ頂いている方以外でもオーダーは可能ですが、ご注意点を踏まえて、お手持ちの本やブックカバーを入れる本をご確認の上ご検討をお願い致します。

 

四六判以上になると装丁の種類があったり、右開き・左開きの対応もあるので、常時オーダーを受け付けるのは難しいかもしれませんね。

 

実店舗ならまだしも、オンラインショップでご注文・ご購入頂く際は普段からそのサイズの本をよく読まれる方でないと気付かないこともあったり、そもそも普段そこまで考えて本を読まないですからね^^;

普段の生活であまり活かされることはないと思いますが、私自身もかなり勉強になりました。

 

ですのでブックカバーのサイズに関しては今まで通り[文庫本サイズ][新書サイズ]を基調にカラーオーダーを受付しております。

 

k-kyo.ocnk.net

k-kyo.ocnk.net