桔梗商店ブログ

京都・三条御幸町のバッグと革小物のお店です。

短時間で大量の代金引換でのご注文を受けた話③

f:id:casualbag:20190824135327j:plain

こんにちわ。

お盆明けに短時間(1時間)で大量の代金引換でのご注文を受けた話。

今回は3回目(最終回)となります。

 

今日投稿時点で、この問題は解決しております。

ご注文を受けた当初はどうしようかと思いましたが、落ち着いて対応方法を進めていくうちにすっかり落ち着きましたね^^;

 

過去2回の記事はコチラ↓ 

www.kikyoshop.net

 

 

www.kikyoshop.net

 

前回、代引きでのご注文をお受けした24名のお客様全員へご注文確認のメッセージを送付しました。

そこからそれぞれのご注文商品の出荷期限の日まで待っていたのですが、

 

頂いたご返信は、、、0件、、、、^^;

 

まぁ予想した通りです。。

おそらく偽造アカウントか何かで、コチラのメッセージは送付先には一切読まれていないのでしょうね。

1~2件の返信があれば別ですが、24件送って返信が1件もないということはもう、これは不正注文だったと考えるのが筋が通るでしょうね。

 

ですので、残念ながら今回の24件の代引きでのご注文はすべてキャンセルとさせて頂きました。

そして、今後も同様の事が起こらないとも限らないので、当該ショッピングモール(amazon)では当店は代金引換決済は使えないように設定しました。

 

しかしながら当店のような零細ショップにもこんなことがあるんですね。。

今回明らかに違和感のあるご注文だったので、出荷前に対処することができましたが、これが違和感の感じない(例えば少数のご注文)場合、間違いなく出荷していたと思います。

 

以前の投稿にも記事を貼付しましたが、特にamazonでの代引きトラブルはここ最近も増加傾向にあるそうです。

 

news.livedoor.com

 

しかし何故こんな事が横行しているのでしょうか?

おそらく加害者はどこからか入手したお客様の大量の個人情報を利用して架空のアカウントを作成し、偽造アカウントから大量の代引注文(1アカウントにつき当店ではなく様々なショップを利用して)をしているのだと思われます。

 

調べてみたのですが、おそらくそれがお客様のもとへ出荷されたとして、受け取ったお客様は当然身に覚えのない注文だということで受取拒否をされます。

しかし、本人がご不在で家族や同居人の誰かが間違って受け取ってしまった場合、、、

代金を支払ってしまっているので、今度はamazonを通じて返品・返金をしてもらわなければいけません。

 

amazonでの代引き注文の手続きは以下の2点。

・amazonギフトカード(ポイント)でのご返金。

・お客様の銀行口座へ振込でのご返金。

 

指定の銀行口座へのご返金の場合、手続きに相応の手間と時間がかかるようです。

それで、amazonギフトカードでの返金が手っ取り早いかぁ、とその返金方法を選んだ場合、、、ご返金先は当のお客様ではなく、、、偽造アカウントへ返金されることになります。。

 

それとも、そんなに高額ではない商品を代引で送っても、猥雑な返金手続きの手間を考えれば受け取った方はあきらめてしまう可能性も、、その購入代金に付与された僅かなポイントを狙っている可能性も。。

 

なんとも可能性の薄い話ですが、加害者側はその薄い可能性を狙って大量の代引き注文をしているのかもしれませんね。。

 

お店側としても出荷した分、返品分の送料を負担しなければいけないので、往復の送料と代金引換手数料をそのまま損することになってしまいます。。

まったくもって迷惑な話です^^;

 

この手の話はamazonに限らず、手を変え品を変え決してなくなることはありませんが、今回は買って頂く側の立場でしたが、それ以上にご購入されるお客様に関しましてもより一層の注意が必要ですね。

 

 

k-kyo.ocnk.net